So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

サルコイドーシス?

左目は乱視なので見えにくいことはしかたないと思っていましたが ぼやけ方がひどくなってきたので検査を受けたら「白内障」と言われ すぐに手術が必要とのことでした。
友達に紹介してもらった有名な先生だったのですが 手術は日帰りで一週間消毒に通わないといけなくて一時間余4回乗り換えがあり 片目では不安がありました。
そこで地元の市民病院に行くことになりました。
そして検査の結果 「サルコイドーシス」の疑いありと言われ 血液検査・レントゲンを受けました。
明日は肺のCTをとることになっています。
「サルコイドーシス」だった場合先にこの治療をしないといけないらしいです。
しかし調べてみると原因不明で確実な治療法はないらしく難病に指定されています。
ステロイドしかないようです。

仕事を辞めてフリーなのでいつが診察といわれても大丈夫と言いたいところですが 引きこもり・外出時にパニックになることがあり 不安です。
深呼吸して乗り切りたいと思います。

誕生日

母の逝った歳を2つも越えてしまった。
この先どれだけ生きてゆくのか。。。
今は一日の大半を寝て過ごしている。
少しでも出かけると次の日は一日寝ている。
昼間寝ても夜も眠れる。
まだ睡眠時間がたっぷりと必要らしい。

姪っ子が私の以前住んでいたマンションに結婚して住むことになった。
徒歩1~2分のところ。
早く赤ちゃんが欲しいらしい。
それまでに少し手伝いができるぐらいの体調にはなりたいと思う。

退職して一年・近況

去年の7月末で退職して一年がたちました。
時間を気にすることはほとんどない生活になりました。
一日の半分くらいは寝ています。(笑)
全く見れなかったテレビもすこしずつ見れるようになってきました。
外出はほとんどできず、一週間~10日くらいで食料が尽きたら何とか買い物にいける程度です。
料理もできません。
できないことはたくさんあります。
32年もよく仕事をしていたなぁと振り返って思います。
今は時間がゆっくり流れていきます。
涼しくなったら週一くらいで自然保護の事務局でボランティアできればいいなぁと思っています。
近況報告でした。

引越し

2月26日に新居の鍵をもらい、少しずつ荷物を運び、5月9日残った(持って行けなかった)荷物は処分業者にお願いをしました。
20万弱の処分費用は痛かったものの半分すっきりしました。
後は新居に運び込んだ荷物の整理ですが、これまた多くて処分しなくてはすっきりした生活はできません。
なぜこの時期に引越しか?と思われた方もあるかと思います。
私2月で52歳になりました。
父が52歳、母が51歳で亡くなったことを意識しました。
そこで大量の荷物の中で生活しており、身の回りの始末をすること。
(私の後始末をしてくれるであろう姉や姪っ子にできるだけ迷惑をかけないように)
さらに少しずつ荷物を減らして快適な生活を送りたいと思ったことが上げられます。
引越し先は同じ町内で徒歩1分のところです。
たびたび調子が悪かったこともあり、思うように荷物の選別ができなかったのが少し心残りではあります。
たくさんのサイズが合わなくなった洋服、冷蔵庫、洗濯機、テレビに貰い手があったことがせめてもの救いです。

退職して10ヶ月目。
体調に応じてゆっくりした生活をして「うつとなかよく」いきたいと思っています。



映画「わさお」を見てきました

前日に高校時代の友達に誘われて、16日に映画「わさお」の試写会に行ってきました。
「わさお」のこと全く知らなかったので、調べて見ました。
超有名な秋田犬3歳とか・・・。
ずっと引きこもっているので、脚が弱くなっており、歩くと弱いものの喘息が出て、異常に汗をかいてしまいます。
友達と歩くスピードを合わせようとすると、とてもお喋りはできない状態でした。
気を悪くされたかも・・・。(今日メールで謝っておきましたが・・・。)
明日18日は近所のお友達が3月~東京に転勤するので、送別会があります。
その他にも用事があって外出の多い週となり、体力のなさを思い知りました。
引越しをひかえてかなり不安になっています。
引越しのことは、次回に報告したいと思います。

阪神・淡路大震災 1・17

阪神・淡路大震災から16年。
もう16年もたったのかという思いです。
家は大阪で被害は少なかったものの、職場が神戸で大きな被害がありました。
当時、保育所に勤めていたので、
瓦礫の山、今にも倒壊しそうな建物の中を尋ね歩いたり、避難所まわりで、安否確認をしてまわりました。
自衛隊のバリバリというヘリコプターの音の中で、たくさんの棺が並んだ底冷えのする体育館でのお世話など
いろいろな場所への派遣がありました。
風で揺れるテントの中での慣れない様々な業務をしました。
交通手段が分断され、いろいろ乗り継いで歩いて歩いて、その時々の勤務地に向かいました。
あれから16年。
今朝のテレビ放送の少なさに、もっとメディアがすべきことがあるのでは?と思わずにはいられませんでした。

*メッセージ欄を作りました。
 気軽にメッセージをいただけると嬉しいです。
 よろしくお願いします。

2010年の終わりに・弱音

退職してから5ヶ月がたつ。
毎日一人で時間の過ぎるのを待つ。
テレビも基本見ない。
買い物は目の前のスーパーに週1くらい。
食事はほとんど作れない。
12月から訪問看護の看護師さんがきてくれるようになった。
ほとんど外出できないため、お薬と安否確認といったところ。
身の回りのことも出来ず、お風呂に入るのも大仕事。
布団の中にいることが多い。
起き上がれないのだ。
まずは家の片付けが気になるがなかなか手が出ない。

何もできないでいる。
生きていくのがつらい。


国民健康保険に加入

8月2日月曜日、国民健康保険加入のため区役所に行きました。
後期高齢者の保険手続きもあったようで、月初めもあってか30人待ちで座る所どころか立っているのがやっとの状態でした。
やっと順番がまわってきて、前の保険の資格喪失届を提出。渡された用紙に住所・名前・電話番号を記入して終わり。
郵便物が届いたらまた来て下さいとのこと。
保険証が出来るまでは、10割負担で病院にかかるようにと言われました。
帰りにうつの病院で薬を貰おうと思っていたのですが、4000円の10倍も持ち合わせなく、お金のある分だけ薬を貰おうと行きました。
自立支援で、うつに関しては今まで1割負担だったのが、国民健康保険ではなんと0割だとか。。。
障害年金用の診断書代3000円ですみました。
病院によっては、10割と言われたかも・・・。
自立支援の手続きも病院から区役所に送ってもらえるんです。

4日水曜日、郵便物を持って保険証を貰いにいきました。
同時に月々の払い込み金額が提示されました。
50000円余。。。
事前に電話で問い合わせたときは20000円台と聞いたのに。。。
電話で聞いた「減免」申請をしたいと言うと、離職証明がいるとか。。。
(窓口では減免制度があることは教えてくれませんでした。)
うつの病院によって新しい保険証を見せて、自立支援の保険変更の手続きをしました。
5時半までになんとか帰れて、源泉徴収票を送って貰うように頼みました。
次の日、昨日担当が休んでいたから。。。と言うことで元職場j経由で連絡があり、源泉徴収票は8月末になるとのこと。。。
結局退職日がわかればよいのではないかということで、退職の辞令を取り合えず持っていってみることになりました。

6日金曜日、何とか退職の辞令で「減免」され、無事20000円ちょいとなりました。
お盆休みの前にと、喘息の薬を貰いに行ったり、耳鼻科に行ったりと、暑い中疲れました。

皆様も暑い中、お疲れがでませんようにお過ごし下さい。



カウンセリングとコメント

今月末で退職することが自分の中で受け入れられず、電話カウンセリングを受けました。
ちょっとだけスッキリしました。(^^;

そして、頂いたコメントをさかのぼって有難く読み返しました。
ちょっとゆっくり、でも前を向いて。。。
少し時間をかけてこれからのことを考えていきたいと思います。

さて、何のボランティア?
早速、区民だよりにあった「健康講座保健栄養コース受講生募集」に申し込みました。
9月から9回なので、暑い8月は何もせずボーとしていようと思います。
(栄養・運動・健康管理等について、知識と方法を学んでみませんか。
区在住で、健康づくりに関心をもち、地域においてボランティア活動が行える方が対象です。)

今まで時間的に体力的にできなかったことに少しずつチャレンジしようと思います。
これからもよろしくお願いします。

退職します

随分ご無沙汰してしまいました。
この間、体調が悪く仕事を休みがちでした。
一日休むと続けて2~3日休んでしまうといった状態でした。
朝の用意をしている途中に動けなくなる、また出勤直前に下痢になるなど。
仕事に対しても意欲が持てなくて、できないことばかりが頭を駆け巡る日々でした。
使える休暇もあと一ヶ月分ほどを残すのみとなりました。
3月に、背水の陣で仕事に戻りましたが、やはり無理でした。
週3回の整骨院の他はすべてを睡眠時間にあて、毎日仕事に行くこと目標にしてきたのですが。。。欲が出てしまいました。
残念ながら、退職します。
いろいろと応援して下さった皆様ありがとうございました。
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。